ライトコイン(LTC)
ライトコインLTC
-
時価総額 -
24H取引高 -
完全希薄化後時価総額 -
循環供給量 -
総供給量 -
最大供給量 -
Powered by CoinGecko API
価格チャート
ニュース 基礎情報
2024.06.05 FISCO

6月5日8時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.2万円付近で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は2兆6100億ドル(Coin Market Cap)と前日から増加している。ビットコインのハッシュレート(採掘速…

2024.05.21 FISCO

5月21日8時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.3万円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は2兆5700億ドル(Coin Market Cap)と前日から増加している。ビットコインのハッシュレート(採掘速…

2024.05.01 FISCO

5月1日8時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.2万円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は2兆2300億ドル(Coin Market Cap)と前日から横ばいで推移している。ビットコインのハッシュレート(…

2024.04.15 FISCO

4月15日9時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.2万円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は2兆3900億ドル(Coin Market Cap)と前週末から減少している。ビットコインのハッシュレート(採掘…

2024.03.29 FISCO

3月29日9時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.4万円で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は2兆6700億ドル(Coin Market Cap)と前日から横ばいで推移している。ビットコインのハッシュレート(…

2024.03.12 FISCO

3月12日14時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.4万円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は2兆6000億ドル(Coin Market Cap)と前週末から増加している。ビットコインのハッシュレート(採…

2024.02.20 FISCO

2月20日9時時点のライトコイン(LTC)の価格は10700円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は1兆9800億ドル(Coin Market Cap)とやや増加している。ビットコインのハッシュレート(採掘速度…

2024.01.16 FISCO

1月16日10時時点のライトコイン(LTC)の価格は1万円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は1兆6800億ドル(Coin Market Cap)と前日から横ばいで推移している。ビットコインのハッシュレート(…

2023.12.20 FISCO

12月20日10時時点のライトコイン(LTC)の価格は1万円台で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は1兆5900億ドル(Coin Market Cap)と前日からやや減少している。ビットコインのハッシュレート(採…

2023.12.05 FISCO

12月5日9時時点のライトコイン(LTC)の価格は1.07万円で推移している。 暗号資産市場全体の時価総額は1兆5400億ドル(Coin Market Cap)と前日から増加した。ビットコインのハッシュレート(採掘速度)…

概要

Litecoinは、ビットコインプロトコルからフォークしたPeer to Peer型の暗号資産で、ビットコインに次ぐ長い歴史を持つ。元々、取引処理速度の遅さやマイニングの独占など、ビットコインのいくつかの欠点を改善するために作られた。ビットコインが「価値の保存」の媒体として進化したのに対し、LTCは日常的な取引で使用されることを前提に作られたため「金であるビットコインに対して、ライトコインは銀」だと言われ、ビットコインを補完するための存在であることがしばしば強調される。

Litecoinはブロックタイムが2.5分とビットコインの4倍早く、最大供給量も8,400万枚でビットコインの4倍である。またPoW(Proof-of-Work)のハッシュアルゴリズムはメモリを大量に消費するScriptを採用しているが、これは当時GPUが主流になりつつあったビットコインマイニングと異なり、個人が汎用ハードウェアでマイニングできるようにするためである。また、Bitcoin CashのようにBitcoinと同じSHA-256アルゴリズムを使用すると、支配率が2%程度しかなく攻撃されやすい一方で、LitecoinはScryptを採用しているため、支配率は約99%だという。ビットコインと同様、供給量を管理するためにマイニング量は半減していく。

歴史

Google を含む多数のテクノロジー企業を経てCoinbaseのエンジニアリング ディレクターを務めていたCharie Leeは2011年にビットコインとブロックチェーン技術を知り、すぐにこの魅了されたと同時にいくつかのビットコインの欠陥に気づき、Litecoinを作成した。

Charie LeeはLitecoinを開始する際、公平なローンチにこだわった。それは当時発行された多くの通貨は公平性を欠如していたために終焉したと彼が考えていたことが理由だ。彼はジェネシスブロックが2011年10月5日以降に作られたことを証明するため、ジェネシスハッシュに「2011年10月5日にスティーブ・ジョブが亡くなった」という見出しをジェネシスハッシュに含めた。

2017年6月、Charie LeeはCoinbaseを離れ、Litecoinプロジェクトを管理するLitecoin Foundationの責任者となったが、同年末、Charie Leeは利益相反などを理由に保有しているLTCの大半を売却した。

2020年10月 、PayPalはBitcoin、Ethereum、Bitcoin cashとともにLitecoinのサポートを導入し、これにより3億5000万人の米国の顧客がこれらの暗号通貨で商品やサービスの購入や支払いができるようになった。

2022年1月、Litecoin Foundationは、Litecoinネットワークの過去最大のアップグレードであるとするMimblewimble Extension Block(MWEB)の実装を発表した。MWEBがオプトイン機能として搭載されることで、Litecoinはスケーラビリティを向上させながら、代替可能性も高めるとされる。

https://bitpay.com/blog/litecoin-payments-on-the-rise/

2022年12月にBitpayが発表したLitecoinの支払い手段としての成長に関する分析によると、1年でLinecoinの月間決済額が109%増加し、BitPayが処理する全暗号資産決済の25%以上をLitecoinが占めているという。BitpayでのLitecoin支払いが最も利用されている地域は北米で、特にプリペイドカード類の需要が圧倒的に多く、半数弱を占めた。

参考文献:
https://www.forbes.com/advisor/investing/cryptocurrency/litecoin/
https://jp.cointelegraph.com/tags/charlie-lee
https://messari.io/asset/litecoin/profile
https://twitter.com/SatoshiLite/status/1446165622430208000
https://twitter.com/LTCFoundation/status/1488210477440126976
https://www.newsbtc.com/news/litecoin/charlie-lee-litecoin-fair-launch/
https://bitpay.com/blog/litecoin-payments-on-the-rise/

筆者一覧

 
人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ