ブレゲ大統領、ATMでBTC換金の機会が得られることを発表

2021.08.25

2021年8月25日 16:30 JST 時点

今年6月にビットコインの法定通貨化を決めたエルサルバドルのブゲレ大統領が、8月23日、ビットコインが法定通貨として認められた後、国民はすぐにビットコインを法定通貨に換金する機会が得られることをTwitterで発表した。

Twitterで、ブゲレ大統領は、エルサルバドルの約450万人の成人は、同国がビットコインを法定通貨として正式に認めた場合、「ビットコインをそのまま保有するか、200台のATMで法定通貨を引き出す」という選択肢があるとコメントしている。また、国民がビットコインを保有したり、給料をすぐに清算したりするために、法定通貨の引き出しや預け入れが可能な50の支店も設置されるとのことだ。

ビットコインの法定通貨化がスタートした際、ビットコインの使用は任意となっており、給与や年金など社会福祉関連の支払いは米ドルで実施されることとなっている。なお、ビットコインの法定通貨については、9月7日に施行される予定である。

======

※当サイトにおいてお客様に提供されるニュース、データ及びその他の情報は、一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、暗号資産取引の推奨やアドバイス、暗号資産取引の勧誘を目的としたものではありません。暗号資産取引に関する意思決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。

※当サイトの情報の利用によって生じうるいかなる損害について、当社及び本情報提供者は一切の責任を負いません。

※当サイトは当社が信頼できると判断した情報を元に提供・作成しておりますが、その正確性、適切性、真実性、信頼性、有用性または完全性について、当社又は本情報提供者が保証するものではありません。

※当サイトの提供している情報は、過去の実績または作成時点での分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況、成果を示唆・保証するものではありません。

※当サイトに関する著作権、知的所有権、その他一切の権利は、当社または本情報提供者その他の権利者に帰属します。お客様は、本資料に表示されている情報をお客様自身のためにのみ利用するものとし、第三者への提供、再配信、複写もしくは加工したものを第三者に譲渡または使用させることは出来ません。

※当サイトに掲載された情報は、予告なしに内容が変更または廃止されることがあり、また当社は更新する義務を負いません。

※当サイトではお客様の利便性を目的として他の外部サイトへのリンク(参照先URL等を含み、以下「外部サイト」)を表示する場合があります。お客様が当サイトまたは当サイトからリンクされた外部サイトで行った行動について、当社は一切の責任を負いません。お客様が外部サイトの利用を行う際は、当該外部サイトが定める各規約に従ってください。

商号        :株式会社Zaif

暗号資産交換業   :近畿財務局長第00001号

第一種金融商品取引業:(令和元年法律第 28 号附則第 10 条第 1 項に基づくみなし金融商品取引業者)

加入協会      :一般社団法人日本暗号資産取引業協会(認定資金決済事業者協会及び認定金融商品取引業協会)

======

筆者一覧

 
人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ