カイカコイン(CICC)
カイカコインCICC
-
時価総額 -
24H取引高 -
完全希薄化後時価総額 -
循環供給量 -
総供給量 -
最大供給量 -
Powered by CoinGecko API
価格チャート
ニュース 基礎情報
2024.06.11 zaifnewsprod

6月11日8時時点のカイカコイン(CICC)の価格は2.7円台で推移している。 週明け10日の米国市場のダウ平均は69.05ドル高(+0.18%)と反発。ソフトランディング期待が下値を支え、アップルのイベントでの新人工知…

2024.05.27 FISCO

5月27日9時時点のカイカコイン(CICC)の価格は3.4円台で推移している。 前週末24日の米国市場のダウ平均は4.33ドル高(+0.01%)と小幅高。耐久財受注や消費者信頼感指数が良好だったほか、期待インフレ率が予想…

2024.05.10 FISCO

5月10日9時時点のカイカコイン(CICC)の価格は3.6円台で推移している。 前日9日の米国市場のダウ平均は331.37ドル高(+0.85%)と続伸。週次失業保険申請件数の増加で利下げ期待が再燃した。また、ソフトランデ…

2024.04.19 FISCO

4月19日8時時点のカイカコイン(CICC)の価格は3.8円台で推移している。 前日18日の米国市場のダウ平均は22.07ドル高(+0.06%)と小幅に反発。良好な雇用や製造業関連指標を好感、良好な経済成長が持続可能との…

2024.04.03 FISCO

4月3日8時時点のカイカコイン(CICC)の価格は4.2円で推移している。 前日2日の米国市場のダウ平均は396.61ドル安(-1.00%)と続落。前日発表された経済指標が強い内容だったことを受けて連邦準備制度理事会(F…

2024.03.18 FISCO

3月18日10時時点のカイカコイン(CICC)の価格は4円台で推移している。 前週末15日の米国市場のダウ平均は190.89ドル安(-0.49)と続落。最近の指標でインフレ改善の停滞が示されたため連邦準備制度理事会(FR…

2024.03.01 FISCO

カイカコイン(CICC)は、2月中旬まで3.2円付近の底値圏で推移していたが、直近で水準を切り上げている。2月末に4円台に回復すると、その後も買い優勢の展開が続いて前日には一時5円まで上げ幅を広げた。テクニカル面では、出…

2024.02.14 FISCO

2月14日8時時点のカイカコイン(CICC)の価格は3.2円付近で推移している。 前日13日の米国株式市場のダウ平均は524.63ドル安(-1.35%安)と大幅反落。1月消費者物価指数(CPI)の伸びが予想ほど減速せず、…

2024.01.29 FISCO

1月29日9時時点のカイカコイン(CICC)の価格は3.9円付近で推移している。 前週末26日の米国株式市場のダウ平均は60.30ドル高(+0.16%)と続伸。23年12月PCEコア指数がインフレの鈍化を示し、投資家心理…

2024.01.12 FISCO

1月12日9時時点のカイカコイン(CICC)の価格は4.3円付近で推移している。 前日11日の米国株式市場のダウ平均は15.29ドル高(+0.04%)と小幅高。12月消費者物価指数が予想を上回ったため早期利下げ観測が後退…

基本概要

カイカコイン(CICC)は、株式会社CAICA DIGITALが発行しており、株式会社カイカエクスチェンジの運営する暗号資産交換所Zaifの取引所コインとなっている。ブロックチェーンのイーサリアムブロックチェーン上で発行されるトークンの規格であるERC20に準拠して発行されたトークンで、上場企業により発行され、かつ、暗号資産交換所で取引ができる、日本でも数少ないコインとなっている。国内ではZaifのみ取引でき、海外では複数の海外の暗号資産交換所で取引されている。

CAICA DIGITALが主体となってCICCプロジェクトを推進しており、CICCの可能性を追求し、Zaifの取引所コインとしてCICCを基軸としたサービスを拡充していくことを目指している。具体的には、CICCをZaifの各種サービスのユーティリティトークンに位置付け、流通の促進、保有者の拡大を進める。また、CICC建ての暗号資産取引などのCICCを利用したサービスや、分散型金融サービスとしてレンディングなどのサービスを検討し、CICCを活用するメリットを拡充していく。

ロードマップ

2022年に取引所トークンとしてのメリットを拡充する。Zaifでは、コイン積立を開始、自動売買おてがるトレードを開始、かんたん売買システムをリニューアル、IEOの実施検討開始などを2022年度内に行っており、今後、取り扱い暗号資産数の増加などを22年度内に予定している。また、22年6月に、カイカエクスチェンジは第一種金融商品取引業者に登録された。なお、2023年度は、次世代Zaifシステム移行、ガバナンストークン構築、通貨ペア組み入れなどが予定されている。

保有者分布

保有者分布は、自己保有分約46%(1.39億CICC)、戦略投資家保有分約36%(1.08億CICC)、一般投資家保有分18%(0.53億CICC)となっている(○○時点)。
自己保有分はCICCの発行元である CAICA DIGITALが保有する未流通コインの枚数で、戦略投資家保有分はCICCプロジェクトに参画し、その拡張に貢献したいパートナーがCICCを戦略的に購入し、保有いただいている枚数である。一般投資家保有分は、Zaifにて取引された数量で市場に流通しているコインの枚数である。

カイカコイン(CICC)プロジェクト推進における強力なパートナー企業

カイカコイン(CICC)プロジェクト推進においてパートナー企業が存在する。

・株式会社フィスコ
東証グロース市場に上場(3807)している投資情報配信会社である。CICCに関する紹介レポートや価格分析など、プロモーション展開していく。全国、上場企業をはじめとした様々な業種の取引先、3,700社へのアクセスが可能で、 CICCに関した情報配信における、強力なパートナー企業となっている。

・株式会社クシム(旧アイスタディ株式会社)
東証スタンダード市場に上場(2345)しており、AI・ブロックチェーンに代表される高度ITエンジニアの育成教育事業と同領域の受託開発・研究を展開している。カイカコイン(CICC)プロジェクトにおける技術サポートや開発を進めていく。暗号資産を対象にする自動トレーディングシステムの開発、DeFi領域のアプリケーションの開発、暗号資産を利用したDAppsアプリケーションの開発等、先端技術者を有している、Zaif基盤システム開発におけるパートナー企業となっている。

・チューリンガム株式会社
クシムの子会社で、カイカコイン(CICC)プロジェクトにおける技術サポートや開発を進めていく強力なパートナー企業である。ブロックチェーン分野のエキスパートであるエンジニアたちが集い、秘匿演算とブロックチェーン技術を使い、新たなブロックチェーンアプリを開発している。クリプトやブロックチェーンに対して長年研究や開発を通じて貢献し てきた技術者が多数在籍している。R&Dと受託開発を主な事業としており、R&DではEnigmaやEthereumなどのブロックチェーン、その他秘匿演算技術を網羅的に研究、開発を行っており、受託開発では各企業に対して最適なコンサルティング及びサービス開発を提供している。特にDeFi分野のアプリケーション実装やコア機能の開発を得意としている。

筆者一覧

 
人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ