FC琉球コイン(FCR)
FC琉球コインFCR
-
時価総額 -
24H取引高 -
完全希薄化後時価総額 -
循環供給量 -
総供給量 -
最大供給量 -
Powered by CoinGecko API
価格チャート
ニュース 基礎情報
2023.12.21 FISCO

12月21日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.26円付近で推移している。 前日20日の米国株式市場のダウ平均は475.92ドル安(-1.27%)と大幅反落。高値付近からの利食い売りが優勢に。その後、12月消費…

2023.12.07 FISCO

12月7日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は33万円で推移している。 前日6日の米国株式市場のダウ平均は70.13ドル安(-0.19%)と続落。民間部門の雇用者数の伸びが予想を下回り労働市場のひっ迫緩和で連邦準備…

2023.11.24 FISCO

11月24日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.23円付近で推移している。 休日前22日の米国株式市場のダウ平均は184.74ドル高(+0.53%)と反発。感謝祭前後から始まる年末商戦での強い消費行動への期待に…

2023.11.09 FISCO

11月9日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.29円で推移している。 前日8日の米国株式市場のダウ平均は40.33ドル安(-0.12%)と反落。連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が参加予定の国際通貨基金…

2023.10.26 FISCO

10月26日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.29 円台で推移している。 前日25日の米国株式市場のダウ平均は105.45ドル安(-0.32%)と反落、S&P500は30.64ポイント高(+0.73%…

2023.10.13 FISCO

10月12日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.29円台で推移している。 前日12日の米国株式市場のダウ平均は173.73ドル安(-0.51%)と反落。9月消費者物価指数(CPI)が予想を上回る伸びとなったため…

2023.09.28 FISCO

9月28日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.3円台で推移している。 前日27日の米国株式市場のダウ平均は68.61ドル安(-0.20%)と続落。議会の予算交渉が引き続き難航し政府機関閉鎖リスクが上昇、さらに、…

2023.09.15 FISCO

9月15日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.31円台で推移している。 前日14日の米国株式市場のダウ平均は331.58ドル高(+0.96%)と反発。8月消費者物価指数(CPI)は予想を上回る伸びとなったが、連…

2023.09.01 FISCO

9月1日9時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.32円台で推移している。 前日31日の米国株式市場のダウ平均は168.33ドル安(-0.48%)と反落。米7月個人消費支出(PCE)コアデフレーターが予想に一致し、利…

2023.08.17 FISCO

8月17日11時時点のFC琉球コイン(FCR)の価格は0.32円台で推移している。 前日16日の米国株式市場のダウ平均は180.65ドル安(-0.52%)と続落。中国経済の減速や同国の株式相場の下落を警戒した売りが先行し…

概要

FC琉球コインは、沖縄初のJリーグ加盟サッカークラブ、FC琉球の運営会社が発行するERC-20トークン。トークンパートナーとしての権利、選手やチームへの投げ銭、クラブ運営における投票への参加権などを用途としたユーティリティトークンである。

課題

FC琉球のような地域サッカークラブは以下のような課題を抱えており、これらがトークン発行に至った理由の一部であるとされている。

・運営資金の確保の難しさ
資金調達方法に事実上制限があり、IPOが実質的に困難。スポンサー企業による支援やクラウドファンディング等の方法に限定される。特に地域サッカークラブにとって地元スポンサーの獲得は必須である。

・ファンやサポーターによる支援方法の制約
IPOが実質的困難であるなど資金調達方法が制限される結果、Jリーグ所属のサッカークラブのファンやサポーターはその株式を購入できない。そのため資金面で支援が可能な熱量の高いサポーターとサッカークラブの間にニーズのミスマッチが起こっている。

・地域性の制約
これまで地域密着型のサッカークラブ運営でJリーグは活性化してきたが、昨今のメディア環境の発展に合わせてそれらを有効に活用していかなければ、地域性が足枷になり競争力を削がれるリスクがある。

IEO

2022年4月27日から5月18日の期間、GMOコインを通じてIEOを実施し、総発行量10億FCRの45%となる4.5億FCRを10億3950万円で販売し、資金調達に成功した。募集価格は1FCRあたり2.2円で、募集1口あたり2,500FCR(5,500円)、最大申込口数は9,000口=2,250万FCR(4,950万円)であった。

しかし、取引数量の上限設定が急遽変更されたことで大きな売り圧力が発生し、トークン価格はIEO価格を割って下落した。なお、IEO後のタイミングではプロジェクトチームやアドバイザリーの保有分はロックアップされており、売却できるのはIEO参加者のみであった。GMOコイン割当分は取引安定を図るためにアンロックとされていたが、その際に売却されることはなかった。

・資金使途
調達した資金の使途はFC琉球のチーム運営・強化費・育成費に40%、FC RYUKYU SOCIOのシステム開発・運用・マーケティング費に40%、FCRコイン発行・運用費用に12%、予備費用に8%となっている。

・記念NFTの発行
FC琉球のサポーターあるいは抽選の当選者に対し、IEOを記念した公式マスコット「ジンベーニョ」のNFTが無償配布された。このNFTはFC琉球として初となる公式NFTであり、その保有者は永続的に以下のような特典を受けることができ、今後も様々な付加価値が追加される予定だとされている。
・FC RYUKYU SOCIO内の限定コンテンツへアクセス
・FC琉球のホームゲームや公式イベントでの特別体験

トークンユーティリティ

下記のようなトークンユーティリティが既に実装されている

・トークンパートナーとしての権利獲得
FCRコイン保有者のうち、一定数のFCRコイン保有者には、「トークンパートナー」として試合時の紹介、公式サイトでのロゴ掲載、インタビューボードへのロゴ掲載など、その保有数量に応じて様々なパートナー証明が発行される。

・選手・チームに対するFCRコインの送付機能
FC琉球が提供するプラットフォーム、FC RYUKYU SOCIOでFCRコインの送付機能を実装予定であり、ファンやサポーターはコミュニティ内で使用できるFCRコインをお気に入りの選手へ送付することができる。

・サッカークラブ運営における投票決議への参加権利
FCRコインの保有者は、クラブチーム運営のうち、ユニフォームデザイン、公式グッズ企画、ファン向けイベントの内容、スタジアム入場時等の音楽、エキシビションマッチメンバー選考などにおける投票に参加できる権利が与えられる。

・決済
トークンを用いた沖縄経済の活性化に繋がる取り組みの一つとして、沖縄県内の取扱店で利用可能な地域商品券の購入ができる。その他にFC琉球のシーズンパスも購入可能である。

また今後の展望としてNFTの提供も検討されており、それには画像や動画などのデジタルコンテンツの配信や、スタジアムでの特別なイベントやオンラインイベントへの参加チケットなどをNFTで発行し購入できる仕組みが含まれるとされる。

出典:

参考文献:
https://fcr-coin.com/fcr-whitepaper.1.0.pdf?20220427
https://fcryukyu.com/wp-content/uploads/2022/05/FCRCOIN_KAIJI__.pdf
https://fcryukyu.com/news/36880/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000059.000044968.html
https://www.neweconomy.jp/posts/225651

筆者一覧

 
人気の記事

最近の記事

SNSでシェアする

タグ一覧

ピックアップ